レンタルするなら白無垢と色打掛のどちらがよい?選び方を解説!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/11


一生の思い出にしたい結婚式。ウェディングドレスにも惹かれるけれど、和の衣裳も着てみたい。しかし、白無垢と色打掛、どちらをレンタルすればよいのか迷っている人も多いかもしれません。それぞれ魅力や特徴は異なりますが、魅力を知っておくことで、後悔のない選択ができるはず。ここでは、白無垢と色打掛の魅力や選び方を紹介しています。

白無垢の魅力

白無垢の魅力をお伝えする前に、まず特徴について簡単に説明しましょう。白無垢とは、掛下、打掛、帯、小物まですべてを白で統一した、日本の伝統的な婚礼衣裳です。洋装でいうとウェディングドレスにあたり、和装の中でもっとも格式ある礼装。純真無垢の象徴とも称されており「嫁ぎ先の色に染まる」という意味がこめられています。新たな人生をスタートする花嫁にふさわしい衣裳だといえるでしょう。

白無垢の魅力は、何といっても「厳かで重々しい雰囲気の中、身につけていると神聖な気持ちになれる」ことです。白無垢は、基本的に仏前式と神前式のみ着ることを許された婚礼衣裳。神聖なものだと考えられているので、寺院や神社以外の場で白無垢を着ることはほぼありません。白無垢を着る機会は限られているのです。

一生の思い出に残る貴重な体験ができるため、白無垢はウェディングドレスとはまた違う「特別感」を味わえます。白無垢の歴史は、平安時代から始まりました。日本人にとって神聖な色である白で統一され、長い歴史を持つ格式高い衣裳だからこそ、白無垢の凛とした魅力に惹かれる人が多いのかもしれません。

色打掛の魅力

白無垢と同じ、正礼装の婚礼衣装である色打掛。白で統一された白無垢とは違い、とにかく豪華で華やかである点が最大の魅力。披露宴においても、周りの目を惹く美しい花嫁姿を演出できます。鮮やかな色の柄が惜しげもなく取り入れられ、種類も豊富にそろっています。

水色などパステル系の色から黒などのパキッとした色合いのものまで幅広いですが、中でも人気を集めている色は、王道の赤やゴージャスな金、可愛らしいピンク。色合いによってがらりと印象が変わるため、お色直しに色打掛を選ぶ女性も少なくありません。

色打掛の魅力は、とても華やかで高級感があること。身につけると、気分も上がること間違いなし。衣裳選びから式当日まで、きっと楽しい時間になるでしょう。

白無垢と色打掛で迷ったときの選び方

神聖で上品な印象になる白無垢、カラフルで華やかさを演出できる色打掛。それぞれの魅力があるので、どちらがよいか迷ってしまう人もいるかもしれません。どちらか一方を選ばなくてはならないときは、挙式や披露宴以外にも前撮り撮影を検討してみてはいかがでしょうか。場面ごとに詳しく説明していきましょう。

前撮りで和装を楽しむ

式当日に和装を着ることが難しい場合、前撮り撮影で和装を楽しんでみてはいかがでしょうか。写真を撮影する際には、撮影場所のロケーションや背景を意識することがコツです。白無垢と色打掛、どちらが映えそうかを考えてください。

背景が神社や寺院といった和の空間、あるいは桜や紅葉などの自然が背景ならば、白無垢の白色がきれいに映えるでしょう。カラフルな色打掛もロケーション撮影に向いています。みずみずしい緑を背景にすると、色打掛の鮮やかな柄が際立ちます。色打掛には花柄など季節感のある柄も多いため、季節に合わせた柄を選ぶととてもおしゃれな写真に仕上がります。

挙式

和装での挙式を望んでいるのなら、やはり白無垢がおすすめです。「嫁ぎ先の色に染まる」ことを体現している白無垢。白無垢に身を包むことで、改めて嫁ぐことへの想いを深く感じられるかもしれません。和の雰囲気の中、神聖で落ち着いた挙式を演出できます。挙式で色打掛を着てもいいのだろうかと思っている人もいるかもしれませんが、正礼装なので着用しても問題ありません。色打掛を着ることで、かえって新鮮な挙式を挙げられるでしょう。

披露宴

披露宴において、お色直しで色打掛に衣裳替えを行う人は多くいます。基本的に色打掛は挙式と披露宴どちらでも着用できますが、色打掛を着た後には白無垢に戻れないというしきたりがあります。なぜなら、色打掛は「嫁ぎ先での生まれ変わり」「花嫁の生まれ変わり」を意味するといわれているからです。色打掛の後に白無垢を着るということはできないので注意しましょう。カラフルな色打掛が、披露宴の会場を華やかにしてくれます。

前撮り・挙式・披露宴で両方着てみても

前撮り・挙式から披露宴にかけて両方着てみてもOK。お色直しの回数に決まりはなく、衣裳替えのタイミングは多くあります。予算に余裕がある場合はお色直しを二回行い、ドレス+白無垢+色打掛というパターンもあるようです。一生の思い出となる結婚式ですから、好きな衣裳を思いきり楽しんでください。

まとめ

和装中心の式にしたいという人にとって、白無垢と色打掛、どちらをレンタルするか迷いどころだといえます。式当日、何らかの理由で和装が難しい場合は、前撮りで和装を着用するのがおすすめ。結婚式を和装中心にする場合、挙式で白無垢、披露宴で色打掛を着るという流れが一般的ですが、挙式で色打掛を着るパターンも問題ありません。白無垢は厳かで神聖な雰囲気、色打掛は華やかな雰囲気を演出できます。どのような式にしたいかよく考えたうえで衣裳を選ぶとよいでしょう。一生の思い出に残る結婚式を叶えてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

一生の思い出にしたい結婚式。ウェディングドレスにも惹かれるけれど、和の衣裳も着てみたい。しかし、白無垢と色打掛、どちらをレンタルすればよいのか迷っている人も多いかもしれません。それぞれ魅力や
続きを読む
ウェディングドレスは一生に一度の晴れ舞台である結婚式でしか着ることのできない特別な衣装です。たくさんの種類や形がありますが、自分に似合うのはもちろん、着る季節に合う色みやデザインを選びたいも
続きを読む
結婚式場や日程が決まり、最初に準備するのはドレス選びとなります。友人の結婚式でドレス姿を見て、いつか私も結婚式を挙げる時はあんなドレスが良いと夢を膨らませる方も多いでしょう。しかし、提携店以
続きを読む