ウェディングドレスのレンタル費用相場は?安く抑えるポイントや注意点も紹介

公開日:2022/07/15  


一生に一度の結婚式のなかでも、ドレス選びは新婦にとって大切なアイテムの1つですね。色や形、素材、デザインも年々増えてきておりトレンドなどもありますので、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、ドレスレンタルの費用相場や安く抑えるポイント、注意点などを紹介します。これからご結婚式を控えている新婦は必見です。

ウェディングドレスのレンタル相場

ウェディングドレスをレンタルした場合の相場について解説します。

■衣装代の全国平均はどのくらい?

新婦が着用するウェディングドレスや、和装の衣装代の全国平均は約479,000円(税込)、ドレスだけでいうと1着あたりのレンタル費は266,000円(税込)です。多くの方は、ドレス単価330,000375,000円(税込)を選ぶ方が多くいるのが現状です。衣装代に掛かる費用のほとんどが、ウェディングドレス代になります。

■ドレスの素材によって変わる!

ドレスのレンタル費の価格の違いは、ブランドの付加価値もありますが、一番の違いは素材の質です。シルクやミカドサテンなど、格調の高さや華やかさのある素材は高額になります。ドレスは大量の生地と高価なレースを使用するので、素材が良くないと目立ってしまいます。ドレスを選ぶ際には、素材と品質は実際に手に取って見て決めましょう。

■高価格帯(400,000円以上)

インポートドレスや国内デザイナードレスが中心となります。ハイクラスならではのデザイン性や素材、またブランドにもこだわるとレンタルでも費用が高額になります。質の良い生地をふんだんに使用しているので、価格が高くなります。

■平均価格帯(275,000円~330,000円)

特にブランドがない通常のドレスです。平均的な価格帯ではありますが、生地はしっかりとしていて、有名ブランドやインポートドレスでも、この価格でレンタルできるものが見つかります。レンタルドレスショップにあるドレスのほとんどは、この価格帯となります。

■低価格帯(110,000円前後)

この価格帯のドレスはボリュームに欠けますが、軽くて海外挙式への持ち込みや2次会ドレスに向いています。シルクやリバーレースなどの質の良い素材は使えず、使用する生地量も少ないので、チープに見えてしまうのがデメリットとしてあります。

ウェディングドレスを相場よりお得にレンタルする方法

ウェディングドレスをレンタルするには、結構お金がかかります。少しでもお得にレンタルできる方法はあるのでしょうか?

■国内ブランドのものを選ぶ

海外ブランドのインポートドレスは高額になりますが、国内ブランドドレスであれば海外ブランドと比べて比較的リーズナブルな価格になります。また、日本人向けに作られているので、日本人の体形にも合いやすいです。

衣装店のクーポンや割引を活用する

レンタル衣装店にも割引やクーポンがあります。例えば初回成約特典として初めて来店した際に決定した場合に割引となることがあります。そのほか、式場での成約特典としてのレンタル代プレゼントや、プラン差額分プレゼントなどもあります。

■シンプルなドレスにする

低価格帯のドレスは、シンプルで装飾が少ないものが多いので、こだわりがなかったり、気に入ったドレスがあれば、シンプルなドレスを選ぶこともお得に借りられるポイントとなります。また、格安でもレンタルが可能で、サイズやデザインのオーダーに応じてくれたり、レースや刺繍を手作業で仕上げていたりとコスパ最強のドレスもあります。

ウェディングドレスをレンタルする際の注意点

ウェディングドレスをレンタルする際、注意することについて紹介します。

■プラン内のドレスはどんなドレス?

式場を成約した際の成約見積りにドレスも入っていますが、あくまでプラン内のドレスが入っています。ほとんどが最低金額として入っているので、その際にプラン内のドレスにはどのようなドレスがあるのかを必ずチェックしておきましょう。アクセサリーなどの小物類を含め、追加料金がどのくらい掛かるのかまで、必ず確認しておく必要があります。

■持ち込み料の確認をしておきましょう

式場のドレスショップには無いドレスを外部から持ち込みたい場合や、もっと安いドレスを持ち込みたい場合は、必ず式場側に持ち込み料が発生するのかを確認しましょう。ドレス1着で55,000円の持ち込み料がかかる場合が多いので、全ての衣装持ち込みの場合は、持ち込みをした方が高額になる可能性もあります。

■試着は予約制

試着は基本予約制なので、余裕をもって予約しておくことをおすすめします。また、衣装は決定すると変更が出来ないことが多いので、試着は一人というよりは新郎や両親、姉妹などの第三者の意見を聞いてから決めることをおすすめします。決めたあとに、もっと違う衣装を着て欲しかったとか、ほかのドレスの方が似合うと言われてしまうこともありますので、注意が必要です。

 

以上、ウェディングドレスの費用相場や安くレンタルするポイント、注意点などをご紹介しましたが、イメージできましたでしょうか。ドレスは各ブランドでクリーニングをしながら、使いまわしているので、春や秋などのトップシーズンは早く決めておかないと気に入ったドレスが予約出来ないこともあります。クリーニング期間は1週間くらい掛かりますので、平日の結婚式も要注意です。一生に1度の結婚式ですので、納得した衣装を着たいですよね。挙式日からおおよそ半年前から衣装を試着していくことが多いですが、衣装にこだわりたい新婦は、もう少し早い時期から見ておくことをおすすめします。この衣装に決めて良かったと思えるように、納得のいく衣装選びをしたいですね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

石の教会(石の教会 内村鑑三記念堂) 住所:長野県軽井沢町星野 TEL:0267-45-2288 石の教会をご存じですか?ここは鳥がはばたき、光が満ちる、無垢なる誓いの場として人気の教会です
続きを読む
軽井沢高原教会 住所:〒389-0195 長野県軽井沢町星野 TEL:050-5841-2360 結婚式を挙げようとしている方、軽井沢ホテルブレストンコートはご存じでしょうか。星野リゾートに
続きを読む
一生に一度の結婚式のなかでも、ドレス選びは新婦にとって大切なアイテムの1つですね。色や形、素材、デザインも年々増えてきておりトレンドなどもありますので、悩んでしまう方も多いのではないでしょう
続きを読む