ドレス選びは提携店以外だと持ち込み料が発生?意外と知らないプチ知識

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/08/29


結婚式場や日程が決まり、最初に準備するのはドレス選びとなります。友人の結婚式でドレス姿を見て、いつか私も結婚式を挙げる時はあんなドレスが良いと夢を膨らませる方も多いでしょう。しかし、提携店以外だと持ち込み料が発生する場合がありますので、今回は持ち込み料の意味や相場など持ち込み料の不安を解消できる情報をご紹介します。

持ち込み料っていったい何?

持ち込み料とは何なのでしょうか?持ち込み料について解説します。

持ち込み料は保管料

持ち込み料は、結婚式場がドレスショップから預かった物の保管料として発生する料金のことです。また、式場の提携ドレスショップから衣装を購入したりレンタルをする場合は、通常は式場側にマージンが入ってきます。しかし、提携のドレスショップから衣装を選ばなかった場合はマージンが入ってきませんので、その分を持ち込み料として新郎新婦様が支払うという状況になっています。

ドレスショップが持ち込み料を負担してくれる?

持ち込み料が発生する式場だから仕方ない、と思ってしまう新郎新婦様もいらっしゃいますが、持ち込み料を負担してくれるドレスショップも最近は増えてきているので、お気に入りのドレスが提携外のドレスショップにある場合は、ダメ元でも確認してみましょう。

ドレスの持ち込み料の相場

ウェディングドレスの相場

ウェディングドレスの持ち込み料の相場は、1着につきおおよそ55,000円(税込)くらいの式場が多いです。式場によっては110,000円(税込)のところもありますので、式場見学の際に早めに確認しておくことが大切です。また、アクセサリーなどの小物類の持ち込み料も確認しておきましょう。

タキシードの相場

タキシードの持ち込み料の相場は、1着につき33,000円くらいの式場が多いです。ドレスだけではなくタキシードや和装なども全てそれぞれに持ち込み料が発生するので、注意が必要です。お色直しをする方がほとんどになりますので、全部で4着~5着の持ち込みとなるとかなり高額になります。

ドレス選びはメリット多数の提携店がおすすめ

ドレスを選ぶ際は、結構式場と提携しているお店で借りるのがおすすめです。

持ち込み料が発生しない

式場提携のドレスショップでレンタルをすれば、持ち込み料は発生しません。また、ほかのドレスショップと比較する必要もなく、担当の方に好みや希望を伝えると他店舗にあるかなど、スムーズに確認もしてくれます。店頭になくても、在庫確認などもすぐにしてくれるので安心です。自分で選びに行くのがちょっと面倒なんて方や、手間を掛けたくない方にはおすすめです。

衣装トラブルにもすぐに対応してくれる

当日の着付けや微妙なサイズ調整、また当日ドレスが下がってきてしまったり、歩いている際に踏んでしまって、生地がほつれてしまったりといったトラブルが起こることが多々あります。そのようなトラブルがあったとしても、式場にスタッフがいるのですぐに対応してくれるので、安心感があります。

衣装特典のある式場も??

衣装を式場の提携店で全てレンタルすることを条件に前撮りや、美容リハーサルなどを無料特典としている式場もあります。1着でも持ち込んでしまうと対象外になってしまうこともあるので、そういった特典があるか確認しておきましょう。

ドレスの持ち込み料を回避する方法

「持ち込み料を払うなんてもったいない!」という方に、持ち込み料を回避する方法を紹介します。

契約前に式場に相談する

式場契約の時にサービスや割引をしてくれる式場もあります。その際に持ち込み料について相談をしてみるのも良いでしょう。ほとんどの式場は、なかなか持ち込み料のサービスは難しいのですが、今日契約をするからサービスして欲しいという気持ちを伝えてみるのも、1つの方法です。

持ち込み料無料の式場を探す

そもそも持ち込み料が無料の式場もありますので、どうしても衣装にこだわり持ち込むことが決まっている方は、持ち込み料が無料の式場を探すことをおすすめします。それぞれの式場のHPの衣装のページや、Q&Aに掲載している場合もありますので要チェックです。

ブライダルフェアの割引特典を利用する

大きなブライダルフェアに参加すると衣装割引特典でランクアップ無料などがあったりもします。式場によっては、利用できないこともあるので事前確認は必要ですが、こういったフェアでの割引を利用することもできるため、頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

以上、提携店以外からの衣装持ち込み時の持ち込み料や相場、回避するための方法などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。大切なのは見学や契約前にしっかりとプランナーに相談をして持ち込み料が具体的にいくら掛かるのか、また、提携店でレンタルの場合の特典なども含めてメリット、デメリットをしっかりと確認しておくことが大切です。一生に一度の結婚式。式場側とトラブルになったり、予想外の持ち込み料で新郎新婦様との関係がギクシャクしてしまっては悲しいですよね。事前に確認をしておいて、持ち込み料を入れたうえで予算内となるのかを二人でしっかりと意思確認をしておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

結婚で大きな問題になるのが、ウェディングドレスです。オーダーメイドにするか、それともオーダーレンタルするかで悩んでいる方もいるでしょう。ドレスで注目したいのが、オーダーレンタルウェディングド
続きを読む
結婚式やパーティーなどに招待されたとき、必要になるのが衣装です。数回の着用のために購入するには高額という場合もあり、このような場合にはレンタルサービスを利用されるという方も多いのではないでし
続きを読む
一生の思い出にしたい結婚式。ウェディングドレスにも惹かれるけれど、和の衣裳も着てみたい。しかし、白無垢と色打掛、どちらをレンタルすればよいのか迷っている人も多いかもしれません。それぞれ魅力や
続きを読む
貸衣装・レンタルドレス関連コラム